FC2ブログ

子爵は伯爵になれるか?

この前、テレビでアニメ「ワンピース」を観ていたら、
タマゴ男爵がペドロと闘っていました。

タマゴ男爵がペドロに斬られ、負けたかに思われたのですが、
タマゴ男爵が「タマタマの実」の能力で、
「ヒヨコ子爵」に進化し、さらに後「ニワトリ伯爵」に進化しました。

そこで、ふと思いました。
子爵は伯爵になれるのだろうか?と。

以前の記事「爵位の序列 再考」でも書きましたが、
『子爵、男爵は、いってみれば金で買った貴族のようなもの』
ということなので、男爵から子爵にはなれそうですが、
伯爵以上は、『自分の土地があって、領土があって、そして貴族になる』
とありますので、子爵から伯爵はちょっと難しいのではないかと。

一応、改めてググってみましたが、やはり難しいようです…
と思っていたら、イギリスにある「自称国家」の『シーランド公国』では、
オンラインサイトで爵位の販売をしている
そうです。
ヨーロッパの貴族の階級ってどんなの?一番上になる階級が「公爵」 3ページ目
伯爵も数万円出したら、「買える」ようです。

まあ、「ワンピース」は面白いので、
細かいことは気にせず、楽しんでいきたいなと思います。

一発屋って結構すごい?

現在、ショーペンハウアーの「幸福について」(光文社古典新訳文庫)
を読んでいます。

そんな中、このブログでも紹介した「名誉と名声」の話で、
ふと思ったことがあります。
それは、「一発屋って結構すごい」のではないかということ。

芸術関係で名声を得ている人は概してその人の多くの作品が認められて
後世に名を残すことが多いのではないか。
つまりこんなにたくさんの名作、名品を生んできたこの人はすごいと。

だから、1つの作品だけで名声を得ている人というのは、
それだけが認められて名を遺すのだから、
その作品というのはものすごくよいものということにならないだろうか。

と、ふと心に浮かんだ話でした。

数式を試した

1月27日の「RETHACでの数式利用」でも紹介しましたが、
RETHACの問題解答カテゴリーで、数式を利用できるようにしました。

で、早速利用してみたところ、すぐにちょっとしたバグが…。
確認画面で改行が反映されていないというバグ。
本質的な部分ではないのですが、「いきなりかい!」とちょっとショックでした。
即刻修正しましたが。

それはさておき、
書いてみた結果、やはり行間が罫線とずれてしまいます
まあ、わかっていたことですが。

あとはこのずれがサイトを見ていてどんだけ気持ち悪いかですね。
どうも技術的には行間と罫線を合わせるのは難しいようですので。
気持ち悪いと感じれば罫線を消してしまう予定です。

あと、ブラウザによっては式の一部がうまく表示されないところも・・・。
うーん、どうしてでしょう?

Webサイトで数式を利用すること。奥深い?です。