FC2ブログ

ナボコフ『ロリータ』読書会 終了間近

現在、RETHACで開催中の
 ナボコフ『ロリータ』読書会
ですが、7月31日で終了となります。

 課題本:ロリータ(新潮文庫)
 開催期間:2018年5月31日から2018年7月31日まで
 ページへのリンク:https://www.rethac.com/bookclub.php?bookclub_id=5

自分が気になったことはほとんど書いたつもりです。

是非最後に皆さんの感想、意見をお寄せいただければ幸いです。

ナボコフ『ロリータ』読書会 開催中10

現在、RETHACでは
 ナボコフ『ロリータ』読書会
を開催中です。

 課題本:ロリータ(新潮文庫)
 開催期間:2018年5月31日から2018年7月31日まで
 ページへのリンク:https://www.rethac.com/bookclub.php?bookclub_id=5

この読書会も残り1週間を切りました。
最後にもう一度全体を見直したいと思います。

気になるところをピックアップして、感想、意見など上記リンクのページに記載してますので、
是非皆さんの感想、意見をお寄せいただければ幸いです。

以下、Web読書会「ナボコフ『ロリータ』読書会」の案内文です。

このWeb読書会は、
ナボコフの「ロリータ」で行いたいと思います。

課題本は「ロリータ」(新潮文庫)です。

この本を選んだきっかけは、「刑務所の読書クラブ」(原書房)という本の中で、
著者と囚人たちが行った読書会の課題本の1つとして扱われていて、
『ロリータ』の捉え方で真っ向から対立したところに興味を持ったからです。

『ロリータ』は、著者が言うように『恋愛小説』なのか、
はたまた、囚人たちがいうように『小児性愛者』の話なのか?
文学好きの著者の理想的な見方と囚人の現実的な見方。

自分がこれを読んだら、どちらに感じるか知りたいと思いました。

アマゾンでは下記のように紹介されています。
『「ロリータ、我が命の光、我が腰の炎。我が罪、我が魂。ロ・リー・タ。……」
世界文学の最高傑作と呼ばれながら、ここまで誤解多き作品も数少ない。
中年男の少女への倒錯した恋を描く恋愛小説であると同時に、ミステリでありロード・ノヴェルであり、
今も論争が続く文学的謎を孕む至高の存在でもある。
多様な読みを可能とする「真の古典」の、ときに爆笑を、ときに涙を誘う決定版新訳。注釈付。 』

皆さんは『ロリータ』を読んでどう感じるのでしょうか。

ご参加をお待ちしております。


ナボコフ『ロリータ』読書会 開催中9

現在、RETHACでは
 ナボコフ『ロリータ』読書会
を開催中です。

 課題本:ロリータ(新潮文庫)
 開催期間:2018年5月31日から2018年7月31日まで
 ページへのリンク:https://www.rethac.com/bookclub.php?bookclub_id=5

この読書会も残り10日間!
個人的には、「ロリータ」一通り読み終わりました。

気になるところをピックアップして、感想、意見など上記リンクのページに記載してますので、
是非皆さんの感想、意見をお寄せいただければ幸いです。

以下、Web読書会「ナボコフ『ロリータ』読書会」の案内文です。

このWeb読書会は、
ナボコフの「ロリータ」で行いたいと思います。

課題本は「ロリータ」(新潮文庫)です。

この本を選んだきっかけは、「刑務所の読書クラブ」(原書房)という本の中で、
著者と囚人たちが行った読書会の課題本の1つとして扱われていて、
『ロリータ』の捉え方で真っ向から対立したところに興味を持ったからです。

『ロリータ』は、著者が言うように『恋愛小説』なのか、
はたまた、囚人たちがいうように『小児性愛者』の話なのか?
文学好きの著者の理想的な見方と囚人の現実的な見方。

自分がこれを読んだら、どちらに感じるか知りたいと思いました。

アマゾンでは下記のように紹介されています。
『「ロリータ、我が命の光、我が腰の炎。我が罪、我が魂。ロ・リー・タ。……」
世界文学の最高傑作と呼ばれながら、ここまで誤解多き作品も数少ない。
中年男の少女への倒錯した恋を描く恋愛小説であると同時に、ミステリでありロード・ノヴェルであり、
今も論争が続く文学的謎を孕む至高の存在でもある。
多様な読みを可能とする「真の古典」の、ときに爆笑を、ときに涙を誘う決定版新訳。注釈付。 』

皆さんは『ロリータ』を読んでどう感じるのでしょうか。

ご参加をお待ちしております。